吉田聡を褒め称える事が大好きな吉田聡ファンによるブログ


by sisousi-kenta
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:吉田聡( 29 )

吉田

吉田聡の大ファンなことで有名な

このブログを書いているという人です

絵による時間の調整というのが

ずば抜けてうまい

このブログを書いているという人考える(好む)吉田聡的なうまさ(とだ勝之、桑田乃梨子、五十嵐大介、手塚治虫、田村由美など)とは

漫画内での時間の流れ方をゆっくりにしていっても

普通に読む限り

それを感じさせないということです

意識して読んだら

そのうまさがわかります

もっというなら

絵による時間のコントロールがストーリーを書くということのひとつの方法なんだと思います

吉田聡的なうまさ=おもしろさだとはおもいません。

そういうの全然ないスポーン面白いし。

寄生獣面白いし

鳴渡雷神於新全伝面白いし

けど一番好きなんはやっぱり吉田聡ですね
[PR]
by sisousi-kenta | 2009-02-13 16:16 | 吉田聡

バードマン

吉田聡のよさを考えるとき

やっぱり最初に

思い浮かべるのは

バードマンラリーの冒頭ということになります。

漫画の漫画としてのよさを存分に発揮して

すごいです。

唖然とする村人たち

書いてある言葉は

おしりペンぺーン

なのに感動する

冒頭なのにすべてがわかってるからこそ

感動するところで

感動させられる。

こんなひとほかにいません

昔話だからよかったのか?

違う

おしりペンぺーンに意味がないからよかった

内容とは無関係のおしりペンぺーン

わはははははは

等で最高の漫画にする吉田聡。

いっていてもいっていなくても漫画の内容に影響を与えない

ことを言わせる

それに吹き出しは用いない

すべてを知る第三者視点です。

言葉にならない言葉

言葉を絵にする力

これが吉田聡の天才さだと思います。
[PR]
by sisousi-kenta | 2009-01-28 18:13 | 吉田聡

わらい

吉田聡の漫画って何なのか?

あるひとのドラゴンボールが後に

与えた影響みたいなのをみて

すごい気になった。

ダジャレに酷評の点数板を持たせたのは今はない

から別に影響を与えてないし

そもそも吉田聡以前にあっても暗くてもにはしる

術はない。

人物の行動が時間を作る

ストーリー漫画は?

吉田聡以前にあったんか?

暗くてもには知る術はない

明日のジョーがありますね

周りの人物の反応で

感動を作る漫画は?

白菜をとってきた鉢条を出迎えた

母親の方を見て感動しましたね。

スラムダンクが名作とされるのも

安西先生見守る目線を取り入れたからです。

失踪日記も過去の自分を

自今の分の目線が

ブログ的な名作マンガにしました

猫ーミックーの思い出の中でただの猫だったときのミック

を使い

見守る父親目線を感動にしましたね

ピンポンのペコの復活を見守る

スマイル

子供が生まれた後のバウ

それらを何かの成果のときに

見守られる側中心の話のまま

少ないコマ数の登場だけで感動に変える

吉田聡以降なんかはしらんけど

両方を見るもう一つの視線を作る。

読者視線をそのまま

漫画の中からの視線にかえるようなの

時間の同一化とでもいうのかな?

漫画の中と自分の時間を一緒にする。

漫画自体のペースをゆっくりにすることで

あわせるのは

吉田聡以降・・・のはず

まともに漫画読んだのは

ここ数年の

このブログを書いているという人が

言うんだから

間違いない。
[PR]
by sisousi-kenta | 2009-01-26 02:39 | 吉田聡
吉田聡ファンとしてはわけるのはしのびないけど

スローニン、バードマンラリー、ちょっとヨロシク!と

純ブライド、鬼のヒデトラ、DADA

の二つのグループに分けられる。

このブログは書いているという人は

最初のグループが特に好きですが

上の3つはどれもが傑作です

下の3つはだれも力作です。

このブログを書いているという人の考える傑作は

名作で力作な漫画かとてつもない力作かとてつもない名作です。

このブログを書いているとい言う人は基本的に

名作好きです。

このブログを書いているというひとの名作は

とだ勝之、吉田聡のようなタイプの漫画です。

ただもっと好きなのは

とてつもない力作やとてつもない名作での傑作な漫画です。

とてつもない名作は上の3個や猫ーミックー リトルー神様修業中ー

去年のマイベスト10でいえば世縒りゆび それでも町は廻っている

とてつもない力作は寄生獣、魔女、ちびまる子ちゃん

去年でいえば鳴渡雷神於新全伝 この世界の片隅に

名作で力作なのは ザ・コクピット 覇王やすのり 豪放ライラック

去年でいえば幾百星霜 青紫の森

これからはそれで

いままでブログ見て粗さがされたら

あらあるけど

傑作を狙って作れるのは吉田聡だけだと思ってます。
[PR]
by sisousi-kenta | 2009-01-22 21:49 | 吉田聡

後悔

噂の男前

なんで売ったんや

数年ぶりに買いなおした。

むっちゃおもろい。

相撲大会までも

おもろいし

プロになってからもまたおもろい
[PR]
by sisousi-kenta | 2008-12-24 23:47 | 吉田聡

エースをねらへ

A層をねらへ

陸広海

とだ勝之ファンです。

それでも町は廻っているを立ち読みました

えびちゃんがいい

実力を発揮できる漫画を描くって大事なんですね

その他の漫画はあんまりおもしろくないけど

それでも町は廻っているはすごくおもしろいです

このブログを書いているという人は

吉田聡の特にスローニン、バードマンラリー、ちょっとヨロシク!

のデザイン性の高い漫画のファンなので

完成度で勝負するトラキーヨ、鬼のヒデトラ、純ブライドはもったいないと

思ってしまいます。

湘南グラフティはどうなんでしょう。

どちらにも入っていないけど欠かすことの出来ない漫画です。
[PR]
by sisousi-kenta | 2008-11-01 15:01 | 吉田聡

もー

モーニングで吉田聡の漫画が

はじまってました
[PR]
by sisousi-kenta | 2008-10-31 09:39 | 吉田聡

妖しい

うらめしやかいました。

おもろいですねー

6巻かいました

栗ご飯の恨みはおそろしい

むんこコレクションも昨日買った

あと1ヶ月もすれば7巻が出るそうです。

むんこっていま飛ぶ鳥を落とす勢いです

吉田聡は

だれでも一作は好きな漫画を見つけられる漫画家だと思います

前書いた

スローニン、バードマンラリー、ちょっとヨロシク!の絵のセンス・デザイン性の漫画

トラキーヨ、鬼のヒデトラ、純ブライドの完成度重視の漫画

ジナスのような漫画を描いたことでさらに死角がなくなったことでしょう

湘南爆走族のイメージが強すぎるのが弱みです。

湘爆はすごくおもしろいので他が惜しいです。

奇面組みがすごいから

したたか君が微妙におしいのと同じです。

ぼくと姉とオバケたちとか猫ーミックーとかにも

同じことが言えます

同じ人の描いた漫画はなるべく買わないようにしてる

このブログを書いているという人がいうのもあれですが
[PR]
by sisousi-kenta | 2008-10-04 16:38 | 吉田聡

おわりかた

吉田聡のマンガの中でも

Good-ばい!のラストは素晴しい

吉村の

「淋しいのは皆、同じばい・・・・・・・・・・・」

が他の吉田差聡のマンガにはない。

ラストに持っていくところでの振り返るのが吉田聡のパターンであった。

最高傑作との呼び声の高いダックテールをみても

カタヒラの過去についてどう思っているかを金子が尋ねるという形で

ラストへとつながっている。

もちろんダックテールのラストも素晴しいし

他にも吉田聡のマンガはきれいな終わりかあをするマンガが多い

そんな中で今の自分の気持ちを説明してから

ラストへつなげるGood-ばい!は一味違う良さがある。

学校有るのに来た堂島の妹ととったビデオは

こけて空しか映っていない。
[PR]
by sisousi-kenta | 2008-09-11 01:57 | 吉田聡

本屋

今日本屋行ったら

古い漫画が好きな二人組みがおった

一人が必死でもう一人に

説明する

その説明が身のないもので

一貫性がなかった

よりにもよって

荒くれKNIGHTとグレアーを同列に扱って

グレアーはその人の地元広島だから良い的なことを言っていた

グレアーは当然おもしろいけど

荒くれKNIGHTとは目指すとこというか

書きたいこととか目指すべきところ当然違っている

その違いを踏まえたうえでの

グレアー地元やからすきやったら全く

気にならへんしなんやった荒くれKNIGHTより

すきでも納得やし

全体の出来で言うたら

BADBOYSが荒くれKNIGHTにかっとるとこいっぱいあるけど

あれはないな

あーゆーやつがおるから

吉田聡に対する正当な評価がどうたらこうたら
[PR]
by sisousi-kenta | 2008-07-26 21:07 | 吉田聡