吉田聡を褒め称える事が大好きな吉田聡ファンによるブログ


by sisousi-kenta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:失踪日記( 1 )

失踪

失踪日記のよかったとこは

日記とついているだけに

文書のかわりに絵のあるブログのようにしたことだと思う。

もちろんブログの機能についてではなく

書き方についてということでです。

行動・出来事の部分を絵で表し

そこに感想と心中をセリフとしてつけたし、

次の行動の動機にする。

そして書いた本人と見る人の楽しみを別の

ものにする。

書くほうは出来事を楽しみ

見る方は感想を楽しむ。

もちろん出来事の方も漫画の骨格となる要因だし

楽しむ部分の主と従を入れ替えたと言い換えた方がいいかもしれない

実話に基づいてかかれる以上これほどの武器はない

香りだけでなく、味も楽しめるマツタケです。

汁の部分も美味しいマツタケのお吸い物です。

感想を主にするための絵の記号的な部分を

強調した絵は

おもしろいとされるエッセイ漫画の多く

番外編、最終回では、本人たちを書かずに

風景、後姿とセリフを書くという方法で

行われている漫画を探せば簡単に思い浮かぶはずです。

(このブログを書いているという人は奇面組の最終会が思い浮かびまんた)

遺跡の人は折角の日記を物語にしようとしたからイマイチやったんや

モノローグをセリフに代えたこともブログに近づく。

日記ではモノローグはモノローグでいい。

人に見せるためのものであるブログの書き方であり、

これほど見せることに特化した漫画は

圧倒的な絵のセンス、デザイン能力もつ吉田聡、

物語がありその文字を絵と入れ替えていって文字をなくしたかのようなゴン

以外にはありません

このブログを書いているという人の読んだことのある漫画の中には
[PR]
by sisousi-kenta | 2008-12-08 01:59 | 失踪日記