吉田聡を褒め称える事が大好きな吉田聡ファンによるブログ


by sisousi-kenta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2008年 最高のマンガ・漫画ベスト10

今年最後なので今年初めて買って読んだだろうと思われる、漫画のベスト10を選びます

一人が書いたものについてはは一個にします

難波鉦異本、月刊1年2組、はだめ

レッツラゴンは去年以前のはず。ゆうやみ特攻隊は去年?さらいや五葉は去年

うらめしやとラッキーマンとアウターゾーンとカメレオンは同じくらい

うらめしやと赤灯えれじいは赤灯えれじいの方がおもしろい

ベルセルクはうらめしやと赤灯えれじいの間くらい

ホームセンターTENKOとうらめしやは同じくらい

数学ガールとホームセンターTENKOほホームセンターTENKOがおもろい

赤灯えれじいと五月原課長のつぶやきは同じくらい

赤灯えれじいとヘルシングはヘルシングの方がおもろい

ヘルシングと聖☆おにいさんは聖☆おにいさんがおもろい


コインロッカーのネジ。と聖☆おにいいさん、惑星のさみだれは同じくらい

聖☆おにいさんとニアアンダーセブンはちょっとの差でニアアンダーセブンがおもろい

ニアアンダーセブンとらいか・デイズと少女奇談まこらとはおなじくらい

4コマちびまる子ちゃんは聖☆おにいさんとニアアンダーセブンの間くらいのもしろさ

らいか・デイズと町でうわさの天狗の子は町でうわさの天狗の子がおもろい

町でうわさの天狗の子とゆうれい談はゆうれい談がおもろい

それらを踏まえて順位をつけます。

10位 ニアアンダーセブン
この緩急、宇宙人たちの登場のさせ方がすごすぎる。無理になじませすぎないからおもしろい
宇宙人と地球人の差まゆこの内面宇宙人の登場しないときのまゆこ見所満載です。 

9位 らいか・デイズ
今年まで読んでなかったっことが悔やまれます。少女奇談まこらとニア・アンダーセブンとまよた
出来で言うたらあとの二つのほうがええんかもしれんけどらいか・デイズはまっきーがええから

8位 町でうわさの天狗の子
おもしろいです。間違いなく。天狗の子にしたおかげで、内容の方を恥ずかしがらずにかけてるかんじがいいです。

7位 ゆうれい談
ものすごく読みやすいのに山岸涼子のよさがつまってました。アラベスクも日出る処の天使もはるかに超えてると自分的に思ってます。

6位 それでも町は廻っている
これほど考え抜かれた漫画は他に知りません。状況が行動を作っていく歩鳥、完全に内面を見せずにそれでいてウソをつかない登場人物たち。ここまでの漫画は猫ーミックー以来

5位 蒼紫の森
こっから上は別格です。ガラパゴスのヤツはとくにいい。桑田乃梨子の魅力が全部つまってます。

4位 この世界の片隅に
夕凪の町・桜の国はじつはあんまり好きじゃなかったけどさんさん録は大好きでした。そういう人にこそおすすめです。どっちものよさをあわせた感じです。

3位 鳴渡雷神於新全伝
うん、すごい
難波鉦異本より洗練されてます。おもしろさも失われてないし、爽快感は抜群です。

2位 幾百星霜
滝さんのことが頭からはなれません。うんこ踏んだり、杉内さんをからかったり、毛深さを指摘したり、猪を捕まえる真似したり。すぐ怒ってみたり。表紙もとてもきれいです

1位 世縒りゆび
これしかない、非の打ち所が無いです。絵もすばらしい。登場人物も魅力的
物語の後半に小梅との思い出を夢でヨヨリと樹が共有するとこはすごすぎ
[PR]
by sisousi-kenta | 2008-12-31 21:35